【飲み会しかやってこなかった大学生ほど就職強い?!】将来に不安を感じて自分の市場価値を上げたいと思っている大学生必見!"あなただからこそ"の強みを見つけて、大手・ベンチャーの内定を取りまくれる自己分析の仕方を大公開!

【飲み会しかやってこなかった大学生ほど就職強い?!】将来に不安を感じて自分の市場価値を上げたいと思っている大学生必見!"あなただからこそ"の強みを見つけて、大手・ベンチャーの内定を取りまくれる自己分析の仕方を大公開!

【職業研究】商社パーソンの仕事とは

不動の人気総合商社

f:id:shijoukatizinzi:20211014153612j:plain

はじめに

商社はモノやサービスの買い売りを行う
トレーディングのビジネスが陰りを見せた1990年代、
しきりと「不要論」が囁かれました。

しかし、2000年代には資源投資に舵を切り、現在は
事業投資会社へとしなやかに姿を変えてきました。

キーワードは「脱資源」です。

総合商社は、就活でとても人気の高い業界です。

今回は、商社パーソンについて
書いていきたいと思います。

この記事を読んでいただくと、

  • 商社パーソンの仕事内容
  • この仕事で必要あるいは修得できるスキル
  • 転職後のキャリアパス

を理解していただけると思います。

f:id:shijoukatizinzi:20211014122310j:plain

商社パーソンの仕事

この章では、どんな仕事なのか説明します。

業務内容

かつては、トレーディング、今では事業投資が
収益の柱となっている商社。

守備範囲は、資源、医療、小売、流通など幅広く、
事業内容も多岐にわたり、活躍の舞台は世界です。

共通するのは、社会課題を解決する仕事ですが、
最近は潜在的な社会課題を発見して課題形成をする
仕事も増えているようです。

買収した企業の事業を長期的に収益化させるなど、
実際に事業に関わることも多く、

「正解を知っている」だけではなく、
「正解にする」ところまでが求められる仕事です。

ジョブスクリプション

  • トレーディングから事業投資まで、幅広い事業領域
  • 投資した企業の事業にも長期的に携わっていく
  • 新しい技術を海外から取り入れ会社を新たにつくる
  • 構想力と実行力が求められる
  • 近年はコンビニエンスストア事業も堅調
  • 英語とデジタルは基礎素養
  • DX人材やコンサル人材も取り込み人材が多様

入社1~3年目の仕事

多くの事業、多くの職種を抱える総合商社では、
最初にやる仕事も典型的なパターンでないのが答え。

営業職から金融系の数字を扱う仕事、
資源系の大きな事業から消費者系の時間軸の短い事業
まで得られる経験は全く違います。

たとえば、トレーディング領域では、
金属資源を扱う部署に配属されれば、
最初はマーケットを知ることから仕事が始まります。

扱う資源の値動きをチェックしながら、
米中貿易戦争の中で、どのように値段が動くのかなど
関係するニュースを徹底的に収集していきます。

そうする中で商品に対する肌感覚が身についてきます。

つまり、商社の最初の仕事とは、
配属された領域の基礎を、自ら手を動かして
徹底的に学ぶことだと言えます。

情報分析から企画立案、事業運営まで、
いい意味で仕事が分化されていない点が、
商社パーソンの特徴であり、醍醐味です。

f:id:shijoukatizinzi:20211013181756j:plain

スキル&モチベーション

採用時に必要なスキル

スキルセット
構想力と実行力

マインドセット
変化を楽しみ挑戦できる

入社時に修得できるスキル

多くのプレイヤーとともに一つの事業を回していく中で
プロジェクトマネジメント能力が身につきます。

これは他の業界でも応用が可能です。

自ら買収した企業の事業経営にあたる機会もあるため、
経営力も身につけることが可能です。

近年の特徴は潜在的な課題を掘り起こして事業にする
課題形成力も得られます。

様々な現場の人の声を聞き、
課題を発見する能力が鍛えらます。

やりがいと苦痛

【やりがい】

  • 新しいモノが世の中に生み出されるとき
  • 事業主体者として組織を動かすとき

【苦痛】

  • 永遠に続く板挟み
  • どうしても落としどころが見つからないとき

転職後のキャリアパス

商社パーソン後のキャリアは大きく3つに分かれます。

  1. 内部昇進
  2. 経営者・起業家
  3. 外資ベンチャー

f:id:shijoukatizinzi:20211013184120j:plain

さいごに

これからどんどん就活の記事を書いていきますので、

「いいね」と思った方は、
ブックマーク登録他の記事を読んでいただけると
幸いです。

読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

【職業研究】事業開発の仕事とは

人気急上昇のビジデブ

f:id:shijoukatizinzi:20211013134224j:plain

はじめに

事業開発は「ビジネス・ディベロップメント」の愛称で
呼ばれおり、人気の職種になっております。

市場のニーズも高まっていて、
大企業の多くは事業開発、イノベーション推進室
などの部署を持ちます。

なぜ新規事業が求められているのかというと、
それは既存事業が飽和してきているからです。

その背景には、
顧客の要求は変化し、製品サービスのライフサイクルが
日を追うごとに短くなっていることが挙げられます。

現在では、新規事業が売上高に占めている割合が
増えている企業がほとんどです。

ですので、営業やエンジニア、コンサルから転身して
事業開発につく人のが主流でしたが、
新卒でもビジロプに配属される機会が増えています。

今回は、事業開発の仕事に
ついて書いていきたいと思います。

この記事を読んでいただくと、

  • 事業開発の仕事内容
  • この仕事で必要あるいは修得できるスキル
  • 転職後のキャリアパス

を理解していただけると思います。

f:id:shijoukatizinzi:20211014122310j:plain

事業開発の仕事

この章では、どんな仕事なのか説明します。

業務内容

既存事業の次に勝てる事業を考え社内で予算を獲得し、
体制を整え、どのようなサービスを提供すればよいか
を考え、進捗を管理する仕事です。

サービスの立ち上げの上流から下流まで担うため、
責任範囲が広く、進捗管理から営業まで仕事も多様。

とくにスタートアップにおいては
成長を支える柱をつくる役割を担うため、
背負う責任は多くなります。

実際は、社長などの上層部が新規事業の種を考え
事業開発担当が実業として具体化させる形で
不本意ながら事業を進めるケースもあります。

ジョブスクリプション

  • 新しい事業を立案して成功に導く
  • 責任範囲が広く、担う仕事も幅広い
  • 事業成功に必要なことは全て担う
  • 多くのステークホルダーと関わる
  • 数少ない経験で能力を磨き上げる必要あり
  • 地頭のよさや人を巻き込む力が必要
  • 新たな挑戦をするマインドが必要
  • 大企業とベンチャーとでは役割は異なる

入社1~3年目の仕事

会社のフェーズや所属するチーム等の上長によって
最初にやる仕事は大きく異なるが、

事業の試算や類似モデルの情報収集、予算の策定など
やらなければならない業務の複数の過程に少しずつ
関わってもらって、感覚を磨いていくことが多い。

それぞれの仕事に薄く広く携わることで、
独り立ちするための経験を積む。

企業は常に新規事業を立ち上げているわけではなく、
その中で、学んだものを1回でものにする飲み込みの早さが求められます。

また、事業開発と並行して既存サービスの開発や
営業、コンテンツ制作、カスタマーサクセスといった
具体的な役割を担うことがあります。

f:id:shijoukatizinzi:20211013181756j:plain

スキル&モチベーション

採用時に必要なスキル

スキルセット
人を巻き込む力、吸収力、地頭力

マインドセット
うまく立ち回る愛嬌、レジリエンス

入社に修得できるスキル

事業開発の構想やそのためのリサーチから、
マネジメント、財務や法務関係の処理まで、
業務領域が多岐にわたり身につくスキルは多いです。

しかし、個別のスキルはその道のプロには勝てない。

労働市場での希少価値を上げるためには、
つくった商品やサービスの売上を継続的に成長させる
能力を養うと良いです。

事業全体を俯瞰する能力が必然と身につくため、
会社に必要なスキルも身につきます。

やりがいと苦痛

【やりがい】

  • 課題をクリアしてサービスが世に出た瞬間
  • ワクワクする商品が思いついたとき

【苦痛】

  • 慢心せず絶えず学ぶことが必要
  • 社内理解、調整に難航すること

転職後のキャリアパス

事業開発後のキャリアは大きく3つに分かれます。

  1. 専門的な職種につく
  2. 経営や営業などの企画職につく
  3. 経営層への参画

f:id:shijoukatizinzi:20211013184120j:plain

さいごに

これからどんどん就活の記事を書いていきますので、

「いいね」と思った方は、
ブックマーク登録他の記事を読んでいただけると
幸いです。

読んでいただきありがとうございました!

【職業研究】人事コンサルタントとは

コンサルタントのトレンド

f:id:shijoukatizinzi:20211021125832j:plain

はじめに

前の記事でコンサルタントには、
大きく3種類の職種があると書きました。

shijoukatizinzi.hatenablog.com

今回はその中の人事コンサルタントについて
書いていきたいと思います。

この記事を読んでいただけると、

を理解していただけると思います。

f:id:shijoukatizinzi:20211014122310j:plain

人事コンサルタントの仕事

この章では、どんな仕事なのか説明します。

業務内容

ヒト・モノ・カネという経営資源のうち
ヒトの価値が高まる中、

組織体制を整え、従業員の力を最大限に発揮する
手段を講じる人事コンサルの存在感は高まっています。

近年では、大手企業が国際競争力を高めるために、
メンバーシップ型からジョブ型への転換を急いでおり、
それに伴って、コーポレートガバナンスの観点から

社長人事の選定プロセスを透明化をしたり、
次期社長候補のサクセッションプラン
などを始めたりしています。

人事コンサルはそれらの支援で引っ張りだこです。

ジョブスクリプション

  • 組織・ヒトに関する問題を特定、その課題を発見
  • その課題を解決する打ち手を考えて実行する
  • その会社のコンピテンシーを提示
  • ジョブ型の各ジョブ定義や適正な給与価格の提示
  • 20年先の社長や役員の人材プールを作成
  • サクセッションプラン
  • 社長候補や社外取締役候補を外から探し提案

企業例

入社1~3年目の仕事

少数精鋭のため待遇は良いです。
プロジェクトが引きもきらないため、
仕事はきつく、若手も複数プロジェクトが基本。

社内勉強会も盛んで、講師は各部署で持ち回りで実施。

ケーススタディを議論します。

f:id:shijoukatizinzi:20211013181756j:plain

スキル&モチベーション

採用時に必要なスキル

スキルセット
取材力、客観的な判断力

マインドセット
世界標準で進言する人間力
組織と紺地に寄り添う人間力

入社時に修得できるスキル

人事系の仕事は転勤や解雇など人の人生を左右するため
相手に納得させるような経験や人格が求められます。

人事制度や労働法を学び、
研修後は人事制度構築や企業変革のプロジェクトで
ミーティングに同席し、議事録をとります。

リサーチや分析データ集計などの分析スキル
が身につきます。

やりがいと苦痛

【やりがい】

  • 見える世界が広がっていく感覚
  • 社会インパクトに繋がる経験ができる

【苦痛】

  • クライアントの期待を超える解が見えないとき
  • 案件炎上との隣り合わせ

転職後のキャリアパス

人事コンサル後のキャリアは大きく3つに分かれます。

  1. ベンチャー・スタートアップのCHRO
  2. 大手事業会社の人事マネージャー
  3. 独立ピンの人事コンサル

f:id:shijoukatizinzi:20211013184120j:plain



さいごに

これからどんどん就活の記事を書いていきますので、

「いいね」と思った方は、
ブックマーク登録他の記事を読んでいただけると
幸いです。

読んでいただきありがとうございました!

【職業研究】ITコンサルタントとは

企業変革の請負人

f:id:shijoukatizinzi:20211021111804j:plain

はじめに

前の記事でコンサルタントには、
大きく3種類の職種があると書きました。

shijoukatizinzi.hatenablog.com

今回は、その中のITコンサルタントについて
書いていきたいと思います。

この記事を読んでいただけると、

を理解していただけると思います。

f:id:shijoukatizinzi:20211014122310j:plain

ITコンサルタントの仕事

この章では、どんな仕事なのか説明します。

業務内容

デジタルを駆使し、クライアントの課題解決をします。
デジタル案件の増加により、
ITコンサルが変革請負の主役に躍り出ました。

2,3か月単位で戦略が変わる時代、
ITコンサルもスピードが求められ、その人数は激増。

仕事は経営課題の発見からアプリ開発まで多岐、
デザイナーなど異業種とのコラボも増加中。

DXは元より、
デジタル庁支援から地方創生まで仕事は多様です。

ジョブスクリプション

  • デジタルやITを活用し、成長戦略を立案
  • 企業の内部データ提供やインタビュー実行
  • データやヒアリングをもとに定性・定量的に分析
  • システム導入の工数やコストの計算
  • 打ち手を講じてシステムを導入
  • プロジェクトの進捗管理

企業例

入社1~3年目の仕事

最初はERPと呼ばれる基幹統合パッケージの導入要員
として送られ、顧客の要件定義する場合が多いです。

ERPとは、企業経営の基本であるヒト・モノ・カネなどの
資源を適切に分配するためのシステムのこと。

各社で資源の重みは違うので、ERPの機能を各社の業務に
マッチさせ、それを素早く決めることが優秀とされます。

こうした大型導入案件を経て、
プログラミングやインタビューなどを経験します。

クライアントの課題発見や、開発スコープの要件の合意、
担当領域の資料説明、クライアントからの反応を資料に
まとめてマネージャーに共有するなど、
随時、意識のすり合わせ作業があります。

f:id:shijoukatizinzi:20211013181756j:plain

スキル&モチベーション

採用時に必要なスキル

スキルセット
考える、書く、話す力
※プログラミング・データ分析はあれば有利
→研修が充実しているため問われない

マインドセット
引き出しの多さ、好奇心

入社時に修得できるスキル

納期や目標達成のプレッシャーがあるため、
遅れなどのリスクをコントロールし、品質を高める
プロジェクトマネジメント力が身につきます。

デジタル時代で、顧客の要求はよりスピーディーに。
そのため、今の自分にできないことも人に聞いたり、
調べたりして何とかアウトプットするといった
臨機応変の対応力も手に入ります。

やりがいと苦痛

【やりがい】

  • 見える世界が広がっていく感覚
  • 社会インパクトに繋がる経験ができる

【苦痛】

  • クライアントの期待を超える解が見えないとき
  • 案件炎上との隣り合わせ

転職後のキャリアパス

ITコンサル後のキャリアは大きく4つに分かれます。

  1. 内部昇進
  2. コンサル会社横断
  3. スタートアップ企業のCxO
  4. 独立・起業・副業

f:id:shijoukatizinzi:20211013184120j:plain

さいごに

これからどんどん就活の記事を書いていきますので、

「いいね」と思った方は、
ブックマーク登録他の記事を読んでいただけると
幸いです。

読んでいただきありがとうございました!

【職業研究】経営コンサルタントとは

天下の戦略コンサル

f:id:shijoukatizinzi:20211020151459j:plain

はじめに

少し前記事でコンサルタントには、
大きく3種類の職種があると書きました。

shijoukatizinzi.hatenablog.com今回は、その中の経営コンサルタントについて
書いていきたいと思います。

この記事を読んでいただけると、

を理解していただけると思います。

f:id:shijoukatizinzi:20211014122310j:plain

経営コンサルタントの仕事

この章では、どんな仕事なのか説明します。

業務内容

クライアントの問題と課題を発見し、
その解決策を出して実行する仕事です。

問題とは、ありたい姿と現状のギャップ。
課題とは問題が発生する根本的な要因。

経営コンサルは起きている問題の定義をしっかりと
理解、分析し、課題を特定して打ち手を講じます。

課題発表1回目の会議で、適切な診断をしないと、
プロジェクトは炎上して取り返しがつかなくなります。

デジタル案件の増加により、
問題解決力以外にもデジタルの知見が求められます。

ジョブスクリプション

  • 企業が成長・再生する解決策を探る
  • 企業の内部データ提供やインタビュー実行
  • データやヒアリングをもとに定性・定量的に分析
  • 分析結果をクライアントにプレゼン
  • 具体的な打ち手を講じて実行する

企業例

入社1~3年目の仕事

議事録を取ること

社内会議やクライアントの課題解決を引き出すための
インタビューに同行して議事録をとる

データ分析

相手に必要なデータをもらい、それをもとに分析する
進捗管理を行い・データをエクセルで管理・分析する

プレゼンの資料作り

マネージャーに振られた絵コンテをもとに
課題とそのうち手を裏付けるデータを集め、
図などに加工して貢献する

f:id:shijoukatizinzi:20211013181756j:plain

スキル&モチベーション

採用時に必要なスキル

スキルセット
地頭力、コミュニケーション

マインドセット
成長意欲、好奇心、礼儀正しさ

入社時に修得できるスキル

問題や課題は何か、それを解決する打ち手は何か
について考える力が身につく。

また、コンサル出身者からは、
「圧倒的に潰しがきく」という声が多く、

外資コンサルは新人でも顧客に1日20万請求し、
その価値が出ないと平気でクビになる。

その恐怖もあり必死で成果を出そうとするプロ根性と、
汎用性の高い問題解決力が身につく。

やりがいと苦痛

【やりがい】

  • 見える世界が広がっていく感覚
  • 社会インパクトに繋がる経験ができる

【苦痛】

  • クライアントの期待を超える解が見えないとき
  • 案件炎上との隣り合わせ

転職後のキャリアパス

経営コンサル後のキャリアは大きく4つに分かれます。

  1. 内部昇進
  2. コンサル会社横断
  3. 経営のプロ(大前研一さんのようなイメージ)
  4. 起業

f:id:shijoukatizinzi:20211013184120j:plain

さいごに

これからどんどん就活の記事を書いていきますので、

「いいね」と思った方は、
ブックマーク登録や他の記事を読んでいただけると
幸いです。

読んでいただきありがとうございました!